運動療法推進機構  
運動療法推進機構
運動療法推進機構HOME
運動療法推進機構ご挨拶
運動療法推進機構のご紹介
運動療法推進機構の会員紹介
運動療法推進機構からのお知らせ
お問合せ
過去のWEBデータ
メンバー専用入り口
 
運動療法推進機構ご挨拶

1996年、厚生労働省は今まで成人病と分類されていた疾患のなかで、食生活、運動習慣、喫煙、飲酒、休息等の生活習慣がその発症、進行に深く関与する疾患群を生活習慣病と呼び、その予防と治療に患者の自己責任意識を取り入れることに決めました。

代表的な生活習慣病である糖尿病、高血圧、高脂血症、肥満症とこれら疾患に続発する虚血性心疾患等の治療は薬物療法に加えて基本的な食事療法と運動療法が重要で、これらの疾患も病態の初期ではこの基本的な両治療で正常化するものも多い。従ってこのような疾患には食事療法と運動療法が重要ですが、食事療法については夫々の疾患でその理論と方法がかなり具体的に提供されるようになっています。一方、運動療法はある程度疾患毎に対応する配慮は必要ですが、方法的には共通する点も多い。しかしながら、現在実施されている運動療法は歩行の奨励が主なもので、実施メニューが少なく方法論とその理論的根拠も貧しいのが現状です。生活習慣病対策として食事療法と並んで重要な運動療法はその理論的根拠に基づく方法論の確立とその普及が急務とされるところです。また、最近は高齢者の寝たきりの障害が医学的、社会的に問題になってきました。高齢者にどのような運動を実施させて寝たきりを防止するかも大きな医療的問題になっています。

このような現状下で、生活習慣病に対する運動療法の方法論の確立とその普及を目指した日本運動療法推進機構を同志の方々と発足しました。今後も、皆様方並びに業界の発展に努めてまいります。また、更に多くの皆様方の積極的なご参加と関係各位の暖かいご支援を要望いたします。

今後、本ホームページを通じて生活習慣病の運動療法に関する情報を提供してまいります。積極的なアクセスとレスポンスを期待しております。

 
運動療法推進機構 理事長
日本肥満学会元 理事長
元桐生大学長
井上 修二
 
line
 
   
運動療法推進機構